展示会用品にボブディラン文学を論評する本もあった

毎年、ノーベル文学賞の時期になると、
今年こそ、村上春樹が受賞するであろうと期待していたのですが、
2016年も受賞はなりませんでした。
ところが、ボブディランがノーベル文学賞?
初めて聞いたときは、一瞬、ジョークなのかと思いました。
音楽としては素晴らしいのですが、文学なのかどうか、少し迷うところです。
どうして、村上春樹作品はノーベル賞が取れないか、大いなる疑問です。
展示会用品にボブディランの詩をノーベル賞に値すると称える本がありました。
歌になるから歌詞ですが、詩であることには違いありません。
インドの詩聖、ラビンドラナート・タゴールもノーベル賞を受賞しています。
詩でノーベル賞は、過去にもありでした。
ボブディランの受賞は問題はないようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です