東京で探偵を探しながらボブディランの詩は文学であると考えていた

ノーベル賞を獲得したボブディランの詩は文学的だと考えています。
東京で探偵をしていると、どのようにして言葉に表現すればいいのか
わからない場面に遭遇します。
そんなときには必ずと言っていいほど、ボブディランのメロディーが頭をよぎるのです。
東京の人のやさしさに触れるときにもボブディランの顔が浮かんできます。
やはり、ボブディランのつくる作品は文学なんだと感じます。
人間の織りなすストーリーにはいつも彼の作品があったのですね。
これからも彼の作品に触れながら東京での探偵活動を頑張っていきたいです。
なにかトラブルに巻き込まれたり、探してほしい人がいるときにはご一報ください。
誠心誠意、心をこめて仕事をさせていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です