製本で一番人気のあるのは文学コーナーにあるボブディランの詩集だった

ボブディランは、その音楽とカリスマ性からデビューから半世紀を過ぎても、
なお人をとりこにし、人々を釘づけにしています。
ボブディランの詩は、まさに音楽を越えた文学です。
そのことから、ノーベル文学賞を受賞するくらいです。
製本で人気のあるのも事実です。
ボブディランの音楽は、まさに、ロックにポエムを取り入れ、
ロックから考えさせることを提起しました。
音楽の革命でもあります。
日本のフォークシンガーでも、ディランから影響を受けた人は数多いです。
吉田拓郎さんも、ディランから影響を受けて、日本の音楽シーンを変えた革命的な人です。
50年の歳月を経て、今なお、評価されているシンガーであり、
ボブディランは音楽界のカリスマです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です